水素の生成方法をチェックする

ウォーターサーバー

水素水サーバーは美味しい水素水を飲むことができますが、水素の生成方法によって特徴が異なるため事前にチェックすることが大切です。生成方法にはバブリング方式、電気分解方式、化学反応方式の大きく3種類があり、最も安定して高濃度の水素水を生成できるのはバブリング方式となります。一般的にレンタルサーバーに採用されている生成方法はバブリング方式と電気分解方式で、どちらも短時間で水素水を生成できるのがメリットです。ただし、電気分解方式は水がアルカリ性に変化するほか、電極の金属が水に溶けだして味が変わることもあります。レンタルする前に、味の違いなども確認しておく必要があります。

トータルの費用をチェックする

男性

水素水サーバーをレンタルする準備としては、気になる会社をいくつかピックアップしてトータルの費用を比較することが大切です。1つの会社だけでは高いのか安いのかわかりにくいので、必ず3つ以上の会社を比較しましょう。また、単にレンタル費用だけを見るのではなく、水の代金やボトルの最低購入数などもチェックする必要があります。特に、1人暮らしやカップルなどは水の消費量も少ないため、月ごとのボトルの最低購入数が多いと使いきれないのにどんどん水を購入しなければならず、割高になってしまいます。水道直結タイプなら、ボトル代はかかりません。また、設置するために工事費がかかることもあります。目先の金額に惑わされないよう、しっかりチェックしましょう。

ホームページから申し込む

ウォーターサーバー

水素水サーバーをレンタルする場合、ホームページの申込フォームから申し込むのが一般的です。名前や住所、電話番号などの基本的な情報のほか、不在沖が可能であるのかなどの入力を行います。申込フォームを送信すると会社から確認の連絡があり、正式に契約することになります。ネットが苦手なお年寄りなどは電話で申し込むことも可能です。電話で住所を伝えると契約書が送られてくるので、必要事項を書き込んで郵送すると良いでしょう。契約が完了すると、1週間から2週間の間に水素水サーバーが送られてきます。自分で設置できる自信がある場合は、わからないことはフリーダイヤルに電話して聞きながらセルフ設置することができます。自分で設置できない場合は、専門業者に来てもらい設置してもらうことになります。業者に来てもらう場合は、設置作業量として2000円から3000円ほど課金されるのが一般的です。設置が完了すると、すぐに使い始めることができます。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中